フォトモザイクの種類


操作方法

Bタイプ: 透過型フォトモザイクアート

フォトモザイクアートの醍醐味を損なわない程度に原画要素を投影させる手法(本来型に近い作品)です。均一の矩形(正方形か長方形)で全体を表現します。パッと見は本来型のように見えますが、近づいて見ると原画要素がわかる場合があります。本来型より全体イメージは鮮明になりますが、1つ1つの写真に原画要素が重なるため、原画が強く浮き立つ部分の写真は見えにくくなることがあります。被写体をより綺麗に見せたい場合は透過型をお選びください。

  • ガイドライン|メイン写真
  • ガイドライン|サブ写真(スタンサードプラン)
  • ガイドライン|サブ写真(ハイグレードプラン)

本来型と透過型の違い

本来型と透過型の違い・本来型

本来型と透過型の違い・透過型

完全フェイク作品

先頭に戻る