ジャンブルタイプ

サブ画像を乱雑に寄せ集めてごちゃ混ぜに配置するフォトモザイク手法です。基本形状が正方形(一部長方形)という規則性はありますが、1マスの大きさが均一でなく乱雑に配置されるため、通常のモザイクとは違った風合いになります。他のモザイク手法との大きな違いは、同じ写真でも画像解析条件が一致すれば隣接して何度も使用される点です。逆にどのマス目の条件にも一致しない写真は使用されませんが、ひと味違った面白い作品に仕上がります。

ジャンブルタイプサンプル
サンプル画像にマウスを当てると拡大表示されます
メイン画像ガイドライン/ジャンブルタイプ
サブ画像ガイドライン/ジャンブルタイプ

表現方法「本来型」と「原画投影型」の違い

本来型の全体イメージ
  • ● 本来型は、写真そのものの絶妙な組み合わせにより原画イメージを表現する手法です。離れて鑑賞すると油絵のような風合いです。
  • ● 近づいて鑑賞したときの1枚1枚の写真の鮮明さと、離れて鑑賞したときの全体イメージの高い表現精度を兼ね備えた作品になります。
  • ● 滑らかに表現された曲線部分も、近くで見るとジグザクしていて、写真がただ適当に並んでいるだけのように感じることでしょう。
  • ● 色補正を行うこともありますが、手作りしたような温かい風合いと、トリックアート的なフォトモザイクアート本来の醍醐味を存分に堪能できます。
  • ● 折角フォトモザイクアートを制作するなら、弊社からは本来型をオススメ致します。
本来型の拡大イメージ
原画投影型の全体イメージ
  • ● フォトモザイクアートの醍醐味を損なわない程度に原画要素を投影させる手法(本来型に近い作品)です。パッと見は本来型と区別付かないかもしれません。
  • ● 離れて鑑賞すると、本来型より全体イメージは鮮明になります。
  • ● 近づいて鑑賞すると、原画要素がわかる場合があります。また、1つ1つの写真に原画要素が重なるため、原画投影が強い部分の写真は見えにくくなることがあります。
  • ● 離れて鑑賞したときにハッキリさせたい場合は原画投影型をお選びください。
原画投影型の拡大イメージ
透過合成型(完全フェイク)の全体イメージ
  • ● 半透明の写真を配置して原画を直接浮かび上がらせることに特化した完全フェイク手法です。(厳密にはフォトモザイクアートではありません)
  • ● フォトモザイクアートっぽく見せる最も簡単な対処方法ですが、本来型・原画投影型とは違い、フォトモザイク本来の醍醐味が全くありません。
  • ● また、写真を半透明にしているため、1つ1つの写真が非常に淡くなります。
  • ● 以上の理由から、透過合成型(完全フェイク手法)は推奨しておりません。
  • ● しかし、写真枚数が少ない場合や、原画イメージが細かくて表現できない場合は、この手法を取り入れないと完成できません。本意ではありませんが、お客様の好みや制作目的、価値観も多様なため、ご要望に合わせて、透過合成型(完全フェイク手法)でも調整対応致します。
透過合成型(完全フェイク)の拡大イメージ